大橋卓弥(おおはしたくや)

大橋卓弥とは

  • スキマスイッチのボーカル、ギター担当
  • 愛知県東海市出身
  • 1978年5月9日生まれ
  • 通称「タクヤ」。一時期は「スター」と呼ばれていたり、「ヤサ」と呼ばれていたり。
  • 2人兄妹の長男。妹大好き。
  • 幼少期からクラシック音楽を好み、小学生のころからピアノを習い始める。ピアニストになることを夢見ていた時期もある。
  • 中学・高校はバレー部に所属していた。高校ではキャプテン兼エースアタッカーとして活躍。
  • 常田との出会いは高校3年生の夏。中学時代の先輩ヨツヤタカヒロに誘われ、観に行ったライブにて出会う。当時、鍵盤を始めたばかりだった常田の演奏を見て大橋は「こんなにピアノが下手なのになんで人前で演奏できるのだろう」と思ったとか。
  • 高校卒業後、親の反対を受けながらも東京の音楽専門学校へ通うため上京。常田と同じ学校に通うものの、2週間で学校へ行かなくなり、親に内緒で自主退学する。
  • 当時組んでいたバンドも、バンド活動より麻雀に熱中してしまったため自然消滅。
  • 時を同じくして、常田から「一緒に組まないか」と言われていたものの、第一印象の悪さから逃げ続ける。
  • 一人で路上ライブを続けているうちに自主制作でCDを作りたいと思い、当時インディーズアーティストのプロデュースやレコーディングなどを行なっていた常田に制作を依頼。
  • CDの制作で作業を一緒にするだけのはずだったのに、「組むことになったから」と常田から電話がかかってきてスキマスイッチ結成。
  • メカに弱い。
  • お化け屋敷が嫌い。関西のテレビ番組にて、お化け屋敷体験をした際の珍行動が一部ファンのなかで話題に。(お化けに「ごめんなさい」とひたすら謝り続けるなど)
  • 書道を習っていたため、字がきれい。女の人も字がきれいでないと許せないらしい。ファンレターなどでファンの子が書いてくる字もつい気にして見てしまうとか。
  • ギターを弾く際に爪が割れてしまうため、右指だけ爪に補強用のネイルをしている。補強を行うようになる前のライブでは、曲中に爪が割れ、流血しながら歌っていたこともある。
  • 口癖は「なんちゅーの」「こう…」「ある種」など。
  • 2017年映画「SING」にて、本格的な声優に初挑戦。ゴリラのジョニー役を演じた。

関連項目




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です